市販薬に関する情報サイト

市販薬とは?

薬には、病院や診療所などの医師が診断をもとにして処方する処方薬(医療用医薬品)と、薬局やドラッグストアなどに行けば自由に買うことのできる市販(一般用医薬品)の2種類があります。




市販薬は、病気の症状が軽いときに初期治療薬として使われています。自分自身で体調管理を行い、軽い病気やけがなどを自分で治すセルフメディケーションには、市販薬は欠かせない存在です。



市販薬は一般医薬品以外にも、大衆薬、OTC薬と呼ばれることもあり、処方箋がなくても購入することができます。
説明書には、用法や用量、服用に関する注意などが書かれていて、きちんと読んで服用すれば体に害は全くありません。



市販薬は、一般の人が自分の判断で使用しても利きめや安全に問題がない薬として薬局や薬店、ドラッグストアなどで販売されています。


医師から処方される薬は、患者の体質や症状に応じて出されているものなので、指示通りに服用していれば病気の回復は早いですが、それだけ強い薬が処方されています。市販薬は一人一人に合わせた症状に合わせてあるわけではないので、誰でも安心して服用できる薬でなくてはいけません。



そのため、市販薬は薬の成分を少なめにして効き目を抑えるように作られていて、安全を重視したものとなっています。ただ、封をあけた薬がそのまま長期間にわたって放置されることが多いので、使用期限は意識しておいたほうが良いでしょう。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

市販薬の選び方

ドラッグストアなどに市販薬を買いに行くと、さまざまな種類の薬が売られていて迷ったということはありませんか?例えば、風邪薬を買いに行ったけれど、いろいろありすぎてどれを買うか迷った経験は、ほとんどの人がしているのではないでしょうか。市販薬を選ぶ際には、自分の症状に合った有効成分の配合されている市販薬を買うと良いでしょう。アセトアミノフェンは、比較的穏やかな解熱鎮静剤で、小児用にも使われています。アセチルサリチル酸またはアスピリンと呼ばれる成分は、痛み止めとしての効果や解熱剤の役割も果たします。他には、歯痛に効果のあるアリルイソプロピルアセチル尿素や、生理痛の原因となる子宮筋の収縮の止める作用のある芍薬エキスという生薬成分があります。このように、さまざまな成分があるため、自分の症状に合ったものがきっと見つかるはずです。しかし、そうした成分に詳しい人は薬剤師や医療関係者くらいかもしれません。わざわざ有効成分は何があるかを調べてドラッグストアに行くのも正直に言って面倒です。そういった場合には、市販薬の箱などに書いてある効能の部分をチェックしてください。効能はその薬の成分が効果を発揮しやすい順番に書かれているので、もし頭痛の薬をほしいなら、効能の最初に頭痛と書いてあるものが良いでしょう。成分によっては、胃に負担のかかるものなどもあるため、そこまで知った上で市販薬を選びたい場合は、やはり薬の成分について知識を得る必要があります。

 

花粉症の市販薬

薬局やドラッグストアで販売されている花粉症や鼻炎の薬はほとんどが抗ヒスタミン剤です。薬の箱に掲載されている成分に、マレイン酸クロルフェニラミンやシベロン(マレイン酸カルビノキサミン)などが書いてあれば抗ヒスタミン剤が配合されていることになります。抗ヒスタミン剤は即効性に強く、薬を飲めば早めに効き目を実感することができますが、持続力に欠けていて、大体6時間ぐらいで効果が消えてしまいます。また、カプセル状にして長時間効果をもたせるものもありますが、時間にして大体12時間ほどで効き目は薄くなります。花粉症の成分として含まれているマレイン酸クロルフェニラミンは眠気を誘う可能性があり、薬によってはカフェインを一緒に配合しています。しかし、カフェインの効果だけでは完全とは言えないため、車の運転などをする場合には注意が必要です。ただ、眠気に関しては人それぞれで、強く眠気を感じる人もいれば、ほとんど眠くならない人もいます。自分が薬の成分で眠くなりやすいかどうかも知っておくと安心でしょう。他の薬と一緒に服用する場合には、飲み合わせに気を付けなければいけません。銘柄は違っていても、効果が同じなら同じ成分が含まれている可能性があります。飲み合わせに関しては成分の知識が必要なので、できれば他の薬と一緒に服用することは避けたほうが良いでしょう。